おみやげが豊富

横浜中華街の風景 龍

横浜は国内では首都に次ぐ大都市として成長しており、人口的にも一大都市圏を形成するようになっています。
そのためこの地域には実に様々な商業施設が建ち並ぶようになっているのです。
横浜の一つの特徴としては旧来からのトラディッショなるな商業エリアの人気を保ちながら新しい商業エリアの開発と集客がはかられていることにあります。
まずここ10年ではウォーターフロントエリアの開発と人気の高まりがその代表例としてあげられます。
ビジネス施設とともに物販や飲食などの商業施設大きく展開することにより、これまでにないような商業エリアを開発することに成功していることは見逃せない大きな特徴となっているのです。
そしてそれが新たな観光資源としても成長しはじめています。

横浜には、明治からの国内では珍しい先進的都市のイメージが定着しており、外国的な雰囲気を味わおうとする顧客が多く集まるという特徴を持っています。
その上で、さらに新しい商業施設を大規模に開発することにより新たな付加価値を積み上げることに成功していることが他の都市部と大きくことなる部分になっているのです。
こうしたことから商業エリアは増加しても応分の集客ができるようになっており、顧客の取り合いを起こさない住み分けといったものが成立しているところが大きな特徴となっているのです。
したがって顧客がそれぞれの商業施設で異なる体験と満足度を高めることができるのも横浜地域の大きな魅力に繋がっているといえるのです。