水族館が人気

横浜のビル

横浜は、エリア内にいくつもの商業施設を有する非常に多様化した街であることが周辺の都市部とは大きくことなる特徴であり、それ自体が新しいバリューをうみだしている街といえます。
そんな横浜で今もっとも人気が高いのがみなとみらいエリアといえます。
このエリアはもともと港湾地帯で、企業の工場や造船ドックなど茂存在していたエリアでしたが、スクラッチからの大規模な都市開発を行った結果、オフィスビルに加え様々な商業コンプレックスが建ち並ぶこととなり、これまでの横浜とは全く異なるテイストを発揮する町並みと商業施設を構築することができるようになったのです。
しかもその規模はかなり大きく、顧客にとっては大きな魅力を提供するものとなっているのです。

もともと港として栄えた横浜は海に隣接したエリアから開発が進みましたが、戦後の高度成長期には丘陵地帯の住宅地としての開発が進むようになり都市部の商業地帯の背後に極めて大きな住宅エリアを抱えることとなったことから商業施設への安定的な集客が計られるようになり、商業施設も大きな賑わいを見せるようになったのです。
それがまた観光資源としても効力を発揮するようになっており、さらに集客力を高めることに貢献するようになっているのです。
商業施設開発自体が街の魅力を高めることになるという、非常に都市開発では成功している例といえるのが横浜の特徴といえます。
また旧来からのトラッドな雰囲気を醸し出す町並みとの調和も実にうまくはかられており、こちらも横浜の魅力を増幅することに貢献しています。