夜景が綺麗

横浜中華街開帝廟

横浜観光に外せないのが赤レンガ倉庫です。
赤レンガ倉庫の誕生は1911年にまでさかのぼります。
鎖国が終わり、横浜は開港の都市と定められてから、急激に発展してきました。
外国貿易の発展に伴い保税倉庫として作られたのが赤レンガ倉庫です。
1989年に倉庫としての役割を終え、商業施設として生まれ変わりました。
「近代化産業遺産」でもある赤レンガ倉庫は、歴史を感じさせる横浜の人気スポットです。
近くにはランドマークタワーがあり、69階の展望フロアからはみなとみらいだけでなく、東京スカイツリーや富士山までも一望できます。
下部層にはランドマークプラザという商業施設が入り、ファッションやインテリアグッズのお店が充実しています。

横浜は開港までは今の山下町に80数戸の家があるだけの寒村で、産業と言えば海で採れるナマコでした。
新田地帯広がり、それが開港と同時に市街地として発展を遂げ、西洋の文化の入り口となりました。
関内地区は外国人居留区となり、横浜にはガス灯やアイスクリーム、近代街路樹など、様々なものの発祥の地となりました。
西洋人との仲介には中国人を介しての筆談が必要であったため、中国人は必要不可欠な存在になっていきました。
歴史的スポットを巡回するバスもあり、現在は人気の観光都市です。
商業施設も次々とオープンしています。
横浜ワールドポーターズや赤レンガ倉庫、新しい「MARK IS みなとみらい」など、歩いていける範囲に数多くの施設があり、人気のスポットです。